記憶術(記憶力向上のために)

記憶術の基本的テクニック

記憶力を高めるためには、別のページで説明しているように、生活習慣を改善するとか、
脳がうまく働くような下地を作っておくことが大事ですが、
記憶するためのテクニックのようなものもあります。

 

以下にご紹介する方法は、いずれも強い記憶をつくるためのテクニックです。

 

これらの方法に共通することは、
脳により多くの刺激を与えることで、効率的に記憶の定着を図るということです。

 

刺激は多ければ多いほど強い記憶につながります。

 

以下の方法は一つ一つが基本的な記憶術といってもいいものですが、
これらを単独に使用するだけでなく、場合によっては組み合わせて活用してもいいですし、
応用して自分オリジナルの方法を編み出してもいいと思います。

 

ご参考になれば嬉しいです。

記憶術(基本的テクニック)記事一覧

記憶術の基本的なテクニックとして、関連付け(連想法)があります。関連付けについては、勉強した経験で多くの人が利用したことがあるテクニックだと思います。関連付ける方法はどのような方法でも構いません。関連付けることが多ければ、それだけ思い出すのに効果的になります。ここでは代表的なものを取り上げてみましょう。語呂合わせこれは、特に数字を覚えたりするのに使いますよね。自分が習った歴史の年号でも、「なんと「...

記憶する情報は、文字の場合とイメージの場合では、イメージの方が圧倒的に覚えやすくなります。教科書が文字情報だけでなく、図解やイメージを多用しているのは、理解を深めると同時に、記憶の定着を促進しやすいということがあります。文字情報だけでは単調で脳への刺激は少なくなります。そこに関連するイメージがあれば覚えやすくなるわけです。もし関連するイメージがなければ、自分自身で作り上げるという方法も役立ちます。...

たくさんの情報を記憶しようとする場合には、情報を整理して、グループ分けしたり、体系化すると覚えやすくなります。これは何かを学習してにノートに情報を整理する時に誰でも情報を自分なりの方法でグループ分けしたり、体系化したり、しているはずなのでイメージできると思います。電話番号なども03-1234-5678というようにハイフンで区切っているのもグループ分けで覚えやすくしているとも言えます。実際10桁その...

これは記憶術というべきテクニック的なものとは違うけれど、結構大事なんじゃないかと思います。効果的な学習にはモチベーションの継続が必要ですが、モチベーションにとっては自信や満足感がエネルギーになります。人間には「報酬脳」という機能があると言われています。脳にとっての報酬とは、人や社会から自分が認められた先生など他人から褒められたいい結果で自分に自信を持てた等々自分自身の精神的な満足感です。このような...