記憶術(記憶力向上のために)

記憶力と感覚の関係

五感とは視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚ですが、これらの感覚は
様々な情報を記憶する際にとても重要な役割を果たしています。

 

多くの人が経験したことがあると思いますが、
ある音楽を聴くとその音楽をよく聞いていた頃の情景を思い出すとか、
あるいは昔の写真を眺めていたら、埋もれていた記憶がよみがえったとか、
それらは感覚が記憶を呼び起こしたものです。

 

記憶と言うのは、何かフックがあると呼び起こしやすくなるのですが、
五感はそのフックとして利用しやすいものです。

 

感覚は一つだけでなく、多く組み合わせれば組み合わせるほど、記憶するのに効果的です。

 

例えば、物を覚える時に、見て覚えるだけよりも、
声に出す、そして図表して書く、匂いをつける、などの感覚をより多く使えば、
それだけ効果的になります。

 

感知する感覚器官が増えれば増えるほど、
それに比例して記憶力の向上につながる脳内の活動領域が広がるのです。

 

これは感覚記憶と呼ばれるものですが、
五感の中でも特に、視覚と聴覚が記憶するのに大きな役割を果たしています。

 

また五感だけに限らず、情報に何か感覚を呼び起こすようなフックをつけることは
記憶するテクニックとして有効になります。

記憶力と感覚の関係記事一覧

五感は記憶において重要な役割を果たしていますが、五感の中でも視覚は一番活発に働いている感覚です。起きて目を開けている時は、常に目からいろいろな情報が入ってきます。しかし、漫然と見ているだけでは、ほとんどの情報は記憶として残りません。以前どこかのテレビ番組で実験をしていましたが、実際に会って話をした人が、どんな服を着ていたかとか、ほとんどの人が、会って話した直後に聞いても答えられませんでした。目には...

五感には含まれませんが、人が抱く感情も記憶と大きな関わりがあります。人には喜怒哀楽というように、喜び、悲しみ、怒りなどいろいろな感情があり、過去の記憶と関わりあっています。感情は脳に対して大きな刺激を与えるものであるため、その感情に関連する事象の記憶というのは残りやすくなります。このように、日常に起きる出来事を、全く意識しないで記憶しているかどうかについて感情が影響していることは明らかですが、意識...

音楽が人に与える影響については、様々な研究がありますが、音楽と記憶に関する研究としては、ロンドン大学の精神分析医、Elizabeth Valentine(エリザベス・バレンタイン)の実験があります。この実験では、認知症の高齢者を対象にして、室内環境を変えてテストを行いました。一方は音楽なしの静かな病院、もう一方は音楽演奏が聞こえる病院で、この2つの環境で自分の経歴を覚えているかテストしたところ、音...